出版物の気になる動向

世間はもう、ゴールデンウィークです。正確には「大型連休」というらしいですが、(ゴールデンウィークは映画会社がつくった和製英語)休みを利用しての旅行や里帰りなど多いでしょうね。季節は初夏ですが春分と夏至の中間にあたる「立夏」です。年間通して過ごしやすい香川県でも特に気持ちのいい季節です。
さて、気になる印刷・紙媒体の動向ですが、2015年の出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額は前年比5.3%減の1兆5220億円となりました。(出版科学研究所)中でも目立つのが雑誌市場の衰退で同8.4%減の7801億円になりました。特に週刊誌は同13.6%減の過去最大の落ち込みに。インターネットやスマートフォンの急速な普及で情報を得るスピードが格段に速くなり、速報性を重視した週刊誌はさらに厳しい状況になっています。書籍は1.7%減に止まり14年に対して小幅な落ち込みになりました。一番の原動力は又吉直樹氏の「火花」。累計240万部の大ヒットを記録し15年のミリオンセラーに。又吉氏つてに広がった文芸書もヒットするなど書籍全体の販売増にもつながりました。
対して、電子出版市場は1502億円の前年比31.3%増になりました。テキストものの「電子書籍」が同18.8%増の228億円、「電子コミック」が同30.3%増の1149億円、「電子雑誌」が同78.6%増の125億円となりました。電子コミックの売り上げが上がっているのはスマホの普及や日本ならではのコミック文化の影響もあるのでしょうが、電子の伸び率は非常に高いところをキープしています。また、米国においては「2015年までに電子書籍は印刷本を超える」と多くのアナリストが予言していましたが、現在ではデジタルの売上が急速に鈍化しているようです。電子書籍に飛びついた人の多くが紙の本に戻りつつあるというのです。しかし依然として上昇傾向にある電子書籍は「一時停止」しているに過ぎないのかもしれません。
竹内 http://www.taiyo-insatsu.co.jp/

p-amazon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中